全 日 本 漢 詩 連 盟   The All Nippon Classical Chinese Poetry Association    
   
   
全漢連会報の情報(第47、第46号
 
全漢詩連会報記事の紹介 
全漢詩連会報第47号掲載記事の紹介
    平成27年1月1日発行
 
 
全日本漢詩大会
太宰府で全日本漢詩大会
平成27年10月17日みんな集まろう
福岡県太宰府市で開催

構成吟伊達政宗公に喝采

全日本漢詩大会宮城大会は大盛況
宮城県漢詩連盟 後藤岳宗

平成26年度全日本漢詩大会宮城大会
特別賞の受賞者自詩自注
 わたしはこうして作った

平成26年度二松学舎大学
全国学生・生徒漢詩コンクール
11月23日開催

霊峰・富士の漢詩がいっぱい
「富士山漢詩百選」(静岡県)刊行さる

鎌倉の歴史と風物を詠む
礒野衞孝 「鎌倉漫歩詩草」

詩作力の向上に大いに寄与して
七言絶句ここから一歩
佩文齊詠物詩選七絶抄号
神奈川県漢詩連盟 城田六郎



次々にアイディアが生まれる
私の「フォトレター」
全漢詩連評議員 横山英子

夢にまで見た紫禁城
「最後の遣明正使・策彦周良の詩」
宮内庁書陵部 臼井和樹

  

連載

風信 
郡山で安積艮斎を話す
全漢詩連会長 石川忠久

漢詩の作り方 
俳句、和歌の漢詩
金中教授「日本詩歌翻訳論」より
同塵舎詩話35 全漢詩連常務理事 窪寺貫道

漢詩の周辺
奧野信太郎の「涼州詞」講義ねる
ひとつのことを2人が見聞し記憶
作家 北村 薫彰

〈文壇こぼれ話38〉
遠藤周作さんのいたずら
常務理事 岡崎満義
トピックス
お休み」

諸橋轍次先生こんにちわ
大漢和辞典おもしろ探検
夏石鈴子 
作家・新解さん友の会会長




 全漢詩連会報第48号
  平成27年4月1日発行予定


 全漢連会報の情報(第46号)
 全漢詩連会報第46号掲載記事の紹介
    平成26年10月1日発行
 
 
全日本漢詩大会宮城大会開かる
復興願い漢詩愛好者が仙台に
平成26年9月20日 午後1時より
仙台市・仙台市民会館にて開催

地区漢詩連盟アラカルト


新しい風景、景物を取り込もう
近畿漢詩連盟会報第6号
近畿漢詩連盟会長 大野秀作

漢詩に親しむ
養賢(宮城県漢詩連盟)第5号
宮城県漢詩連盟 佐藤直子

海峡を旅して
江都清興第21号
東京都漢詩連盟 櫻井園子

三浦尚司さん(福岡県漢詩連盟会長)大車輪
「東洋の心を学ぶ会」で漢詩入門講座

髭ひげヒゲ対談
住田笛雄さん(全漢詩連理事)
田原健一さん(全漢詩連評議員)
以外に少ないヒゲの詩

猛暑に『大正天皇漢詩集』を読む
読後「西瓜」の詩にあやかって赤い雪を噛んだ
作家 井出孫六
 

 詩・書・画を楽しむ
「自由で下手」でもいいから楽しい
東京都漢詩連盟 山田 治

週刊長野新聞に漢詩連載
会員の詩を「漢詩百景」として

長野県吟社主幹 柳澤久基  

仏蘭西(フランス)風六言絶句について
ヴェルネール詩を読みながら
神奈川県漢詩連盟 大谷明史

武部健一さんの意見再考
田中角栄元首相の漢詩や国字問題
森脇逸男


詩経の古いテキスト
いかなるテキストで受容されてきたか
宮内庁書陵部 臼井和樹
 
連載
風信 封間とともに墨江舟遊
全漢詩連会長 石川忠久

漢詩の作り方 其の十一
詩の添削
同塵舎詩話34 全漢詩連常務理事 窪寺貫道

漢詩の周辺
杜甫の人生とわが人生を重ねる
植物になぐさめられた杜甫を想う

精神科医作家 野田正彰

〈文壇こぼれ話37〉
輪島功一さんの観察力
常務理事 岡崎満義

 トピックス
 味わい深い小詩集
「青山詩集廿九 甲午孟秋」
「石川先生と行く瀬戸内・しまなみ海道の旅」

諸橋轍次先生こんにちわ
大漢和辞典おもしろ探検
夏石鈴子 
作家・新解さん友の会会長
他の会報は過去の会報のページに掲載しています.
 全日本漢詩連盟  地区漢詩連盟  開催行事予定  年間の活動報告  私の好きな漢詩
 講座・教室・講演  会の紹介  漢詩作法   海外情報  全漢連会報の
   紹介
   入会案内
 お問い合わせ   リンク   過去の情報   事務局からの
 お知らせ
 
先頭に戻る