(2006年07月01日)

有吉巍

  • 1.若い初心者が抵抗なく読めるように、本文、読み下し文ともに教育漢字で記載した平易かつ人口膾炙した漢詩を集めた初歩的教本を作って、これなら自分でも出来るなという興味と自信をつけさせる方針を考慮されては如何でしょうか。
  • 2.全漢詩連が中心になって、全国大会を国民文化祭担当県で出来ない時でも毎年継続し、「若年者奨励賞」表彰をつづける。
  • 3.漢詩を読めるようになると、詩語と措辞に興味が出てきて、作詩意欲が出てきますから、地方の漢詩会や中央の二松詩文をはじめとする批正指導をお願い出来る団体組織のリストを作って、ご紹介いただきたい。

伊藤竹外

  • 1.青少年の育成は学校教育から――文部科学大臣に陳情し、中学、高校、大学に漢詩のわかる教師を採用し、学校又は部外活動を認めるよう働きかける。
  • 2.吟詠、剣詩舞界との交流、提携をはかる。現漢詩人口の70%は吟詠会員であり、全国組織は全国吟剣詩舞振興会はじめ、全国都道府県連盟の年々各地で開催する大会は数百回。その組織、運営、財源、研修方法は、漢詩連盟として検討すべく、かつ参考とすべきである。「全漢詩連会報」は必ず上記団体の他、送付し、今後の提携の方法、手段を検討する。

伊藤鳳富

  • 1.文部科学省に働きかけて、小学校の教育課題から漢詩、漢文を導入させる。当然、中学、高校も割合を増加させる。
  • 2.国語教師の免許取得および採用試験に、漢詩、漢文を取り入れる。更に実技試験として、詩吟を課す。

石川省吾

私は今は書家ですが、若い人にも書の題材を漢詩にしています。又、下手でも自作の詩を披露して親しんでもらうようにしています。(中、高生との接点が少ないのが残念ですが)とにかく親しんでもらうことでしょう。

磯野衛孝

  • 1.漢詩の前提として「韻詩」を作ってみる。――詩的感覚――規則@2+2+3字で組立てる。A起承転結の考え方を守る。B韻は踏むこと。(平仄はとりあえず無視)
  • 2.辞書の引き方、使い方を教える。――字の面白さ――李白、杜甫の名詩を辞書を使って自分で調べる。
  • 3.音読させてリズム感を味わう。

内野健治

  • 1.中学の国語教科書に漢詩をのせること。私の原点を考えると、この頃に接して暗記などすれば最も有効だと思います。
  • 2.小中高校のクラブ活動の一つに漢詩作りのクラブを設けてもらう。講師は連盟の会員が当たる。
  • 3.クラブ活動が無理なら講演会でも聞けるようにする。
  • 4.私のK市では小中生のゆとり時間の活用として、スポーツ、文化活動の支援制度があり、詩吟の部の申請をして、ここ2年ほど更新していますが、実際の受講入門者はいません。待っていてはなかなか来ないようです。

岡林成一

石川先生のお顔を利用して、NHK教養番組に講座を組入れてもらえば、漢詩入門のごく初期の手引き3ヵ月か、半年単位に繰返し息長く続ければ効果が表れるのではないでしょうか。3ヶ月か半年、批正をして指導し、少し解った所でその人の住居に近い吟社を紹介して、後は各吟社の方で育てていくようにすれば良いかなあと思います。

片山徳夫

  • 1.漢詩の作り方のやさしい簡単な本(教科書的な)を配布する。
  • 2.押韻は教えるが、平仄はずっと後にする。
  • 3.難しい漢字を使わないで作ることをすすめる。(本字は使わない)
  • 4.学生が作詩したら、添作する。そしてその漢詩を通じて面白さを説明する。作詩したことをほめること。
  • 5.平仄辞典を新しく作る。(当用漢字主体で)
  • 6.詩語辞典を作る。詩語に解説を付ける。

川久保廣衛

英数国漢時代の教養が、今の漢詩界を支えているものと思っておりますが、高校ではいろいろ工夫をなさっている先生方がおられることを知っております。生徒達の作品集を寄贈されたりしますが、生徒たちが楽しんで作っている点が感じられて、たのもしいものと思います。ひとつ「和漢辞典」が無いのはおかしい、との指摘は同感。

小林日出夫

漢詩に興味を持たせる教育がまず大切。その上で漢詩の作り方を教えるのは比較的容易だが、さて、作った作品を添削することになると、出来る人は全国に何人もいないでしょう。加盟の各詩社にこの点をどう応援して頂けるか、それによっては漢詩を広げる方法もいろいろ考えられます

杉村青逸

私達高齢者は昔、中学校で必須で漢詩、漢文を習ったが、今はそれがない。学校教育にとり入れるよう働きかけることも大切ではないか。

鈴木妙子

漢字離れの義務教育期間(書道を含む)が尾を引いている現在、平仄、韻にこだわる漢詩に導入は、ご質問に応じる困難を覚えます。自分が書道で作品にしたのは中国の詩人の作でしたが、折にふれ自詠詩での展覧会を拝見、会の中で勉強が始った次第。詩吟の会でも中年以上の世界のようで、やっぱり若人には競争して上平声、下平声の暗記をしてもらう事に始まるのではないでしょうか。中国の方による漢詩朗詠を一度だけ聞きましたが、平仄にこだわる美しい流れに感銘を覚え、その必要性を知りました。

豊嶋睦

  • 1.女子大卒生中心の会(月1回、時間は2時間程)講読中心、時に漢詩の作り方「漢詩を作る」(石川本)「漢詩入門」(一海本)など参考に)を解説して課題を出し、翌月提出させて皆で検討する。
  • 2.高校生(毎日一首提出)校内のクラブ活動で高校教師が指導。時に新鮮で清純な作品に心うたれている。