(2004年03月20日)
講演会『「さまよえる中級人」へのメッセージ〈作詩質的〉』
服部 承風

承句は結句の伏線

 このとき、これは第二句の下で踏むべきか、第一句のしたで踏むべきか。大体、この下三字も技術的に読んでいくと、この時点で前の方を用意しているのだな、と分かります。前の二句を用意せずに、行き当たりばったり頭の中かしぼり出したなんてことは、あるはずがないのです。

 こういう言葉を使うということは、背後に一句練習がキチッとできる段階で、まず二句目の下を決める。

 太刀掛呂山さんは、先に一句目の下を決めろと書いていますが、私は第二句の下三を先に採ってしまう。このことで、議論した覚えがあります。第二句の下三をとることで、結句の伏線になるでしょう。

 「落花深處説南朝」の前に「春寂寥」があるとして、それでもまだ決めない。仮に取っておく。そして、この風景には風の響きがほしい。と思っても、風は一東の韻にしかない、ところが、一蕭の韻には飄という字がある。つむじ風です。この飄という字を採って下に置いて、上に樹木を乗せれば、天飄の吹いている様子がでます。

 ざわざわとした松風の音が道を過ぎて行く。そういうさびしいところだから、春の色もない。ひっそり閉としたものだ。古陵の松柏が天飄に吼えている、第二句はその次の段階、風がやんでしまってシーンとした。誰もお参りにも来ないし、花もみな散って、さびしい。

 第一句と第二句の前後関係が決まるということで、さずがに竹外は技法、手法が上手いですね。そういうことが自由にできるんです。

 ここは律儀に考えたら、こんな恐しい風なんか吹きませんよ、と、よく詩吟の先生なんかがおしゃる。それはクソ真面目というのです。風を吹かせればよい。ザワザワと松を動かせばよい。こういうことが詩人の仕事なのですから。