(2004年03月20日)
講演会『「さまよえる中級人」へのメッセージ〈作詩質的〉』
服部 承風

藤井竹外の技巧

 さて、その次は、その気になって詩を読む、鑑賞者として読む場合、深い喜び、しみじみとした味わい、欣喜雀躍とした喜びなどが感じられましょう。

 しかし、詩を作ってみようという欲求があったならば、もう一度同じページを振り返って読み直して下さい。初級のときに覚えたルールを念頭に置いて、一句練習をやった経験をふまえて、詩を点検してみる。そうすれば、転句と結句の問題も、ぐーっと分かってくる。

 森槐南の弟子の宮崎來城[らいじょう]「作詩術」という本を書いています。私はこの本を読んで、ハッと思ったことがあります。第二句、承句の下三語、これを決めるときには、結句一句の伏線を引きなさい、と言うのです。そうすれば前二句と後二句が、車両が連絡されるようにガチッとつながる。

 プリントを一つ差上げておきましたけれども、この中に藤井竹外の七言絶句「芳野」が入っています。竹外は、詩吟でも吉野懐古で知られる三絶の一つです。他の人たちのものは代っても、藤井竹外だけは動かない。絶対的に良いと評価されています。

古陵松柏吼天飄
山寺尋春春寂寥
眉雪老僧時輟帚
落花深處説南朝

 この詩を読んでみると、やっぱり後半の発想です。着想です。別に変わったことを言っているわけではない。独創的なとはいえない。「落花深き処南朝を説く」という言葉がもっている感傷性は初歩的なものです。おセンチに近い。そういう言葉に対して、南朝というのは悲哀の歴史、哀史を説くはしゃべるのです。説明するのではない。ジーンとくる。後醍醐天皇ですからね、とても説得力があります。

 落花、花は終って、もう夏になった。みじめな姿になった。そんなところで、南朝の悲哀の歴史を聞いた。聞いたのは作者です。誰が語ったか。説くというのは、誰がしゃべったのか、これが結句から転句の、前の言葉選び、決して外してはならない的になるのです。

 ここでは箒をとめ、と読んでもいいし、掃くことをやめ、と読んでもいいような、二通りも三通りも言葉の読み方はあります。いずれにせよ「掃くことをやめて、落花深き処で」。つまり四字語の上に三字語がのせてある。時に掃くことをやめて、落花深き処で南朝のことをしゃべる。こういうのが、今お話した実例なのです。