(2004年04月01日)

花水吟社について

日野市漢詩連盟会長   丸山 鑾渓

 日野市漢詩連盟は昭和59年、日野市及び周辺各都市の同好の士を以って組織され、平成16年を以って、満20年の歳月を重ねました。そして昨年発足された、全日本漢詩連盟会長、二松學舍大学学長、文学博士、石川岳堂先生を講師に迎え、月1回ご出講を賜わり、同人の作詩の添削や批評並びに漢詩文の講義に極めて、高次元にしてしかも分り易いご指導を頂き今日に至っております。

 又日野市文化に貢献する立場から、秋の市民文化祭漢詩展には、同人は勿論、広く市民同好者から七言絶句一人二首を募集し、石川先生の審査を経て、各自之を色紙に毛筆で清書し、展示会場に出品しております。

 石川先生は、毎回必ず自詠の漢詩をご揮毫、且貴重なる古今名家の漢詩作品をお貸し頂き、会場が一段と光彩を放ち、出品者に対しても得るところ大いなるものがあります。来観者も次第に増加し、漢詩に対する関心度が深まり、日野市文化向上に大きく寄与しております。

 尚花水吟社の名称は、石川先生の命名によるもので、創立五周年を賀して左の玉作と共に頂戴いたしました。先生のご在住の日野市周辺の風物をバックに詠まれたものと存じます。

橋畔逍遙花水春  原頭朗誦雪峯晨
西郊偕楽鴎盟會  清与幽情日日新
    題花水詩集    岳堂散人