(2007年04月01日)

わたしの漢詩作法(6/6)

2006年 松山漢詩大会入賞者

嵐山と言えば頼山陽

<愛媛県教育長賞> 平兮 宗賢
    嵐山夜遊
嵐山無處不牽情 嵐山[らんざん][じょう]
[ひ]かざる処[ところ][な]
岸柳林花賞晩晴 岸柳[がんりゅう]林花[りんか]
晩晴[ばんせい]を賞[しょう]
渡月橋邊殊秀絶 渡月[とげつ]橋辺[きょうへん]
[こと]に秀絶[しゅうぜつ]
蟾光照出萬株櫻 蟾光[せんこう][てら]し出[だ]
万株[まんしゅ]の桜[さくら]

 此の度、思いがけず賞をいただき驚いています。投稿課題は、「四国の名勝又は先哲篇」「扶桑の名勝又は先哲篇」との規定でしたので全国の名勝篇に挑戦することにしました。

 さて、全国の名勝と一口に言っても各地に沢山あります。このような課題に取り組む場合、誰でも知っていることが肝要であると聞いたことがあります。

 そこで「京都」を選ぶことにしました。京都と言えば神社仏閣の多い千年の古都ですが、神社仏閣を詠んでもなかなかイメージがはっきりしないので「嵐山」を題材にしました。

 嵐山と言えば「頼山陽先生」が幾首も詠まれています。その一首『嵐山』「白頭仍對萬株紅」から桜を取り入れることにし、結句の下三字を「萬株櫻」と決め、転句に「渡月橋」を詠み入れることにしました。

 数年前、天龍寺に投宿し渡月橋辺りを散策したことを思い浮かべながら夜の嵐山を詠んでみました。嵐山の魅力は「桜」「渡月橋」ばかりではないので、起句で嵐山全体のすばらしさを強調したく「嵐山無處不牽情」とし、転句、結句と焦点を絞って、風景と情を絡ませて一首をまとめてみました。

 転句の下三字は「春月白」「今夜月」といろいろ悩みましたが、嵐山のすばらしさを更に強調したく、「殊秀絶」に落ち着きました。