(2007年04月01日)

わたしの漢詩作法(5/6)

2006年 松山漢詩大会入賞者

22歳の青年の交遊

<愛媛県知事賞> 竹内 淳実
  子規與漱石
邂逅向陵情意敦 向陵[こうりょう]に邂逅[かいこう]
情意[じょうい][あつ]
唱酬踐漢琢詩魂 唱酬[しょうしゅう][かん]を践[ふ]
詩魂[しこん]を琢[みが]
俳箋文策涵伊豫 俳箋[はいせん]文策[ぶんさく]
伊予[いよ]に涵[うるお]
此地無消洗硯渾 [こ]の地[ち][き]ゆる無[な]
洗硯[せんけん]の渾[こん]

 望外の受賞であった。この詩は二人の友情と今に生きる遺徳を圧縮した散漫な出来である。詩の行間を汲み取って頂いたものと感謝したい。

 一昨年紹興にある蘭亭を訪ねた。『紅衛兵が押し寄せた時、ここにいた医師たちは、蘭亭碑を石灰で塗りつぶして漆をかけ、その上に毛沢東語録を書きました。紅衛兵もこれを見て喜び、ここは破壊しませんでした』というガイドの名調子が印象に残った。1700年前の騒人の遺徳は文革時ここで働く医師たちにも活きていた。また鵞池は王羲之の時代筆硯を洗っていつも濁っていたとも聞いた。

 子規の『七草集』をきっかけとした22歳の青年の交遊は、忽ち「始被佳人呼我郎」「清風名月伴漁郎」と唱酬し漱石の『木屑録』に結実するまで僅か4か月である。ここに凝縮された友情が二人の原動力となったのだろう。

 大会前日道後を散策して気がついたことがある。諧謔に富んだ「坊ちゃん」を大らかに受け止めた松山の風土である。義安寺の姫達麿、寳厳寺の一遍上人、伊佐爾波神社の算額と文学に留まらない文化の広がりがあった。

 大会には、この松山の風土を活かしきった伊藤竹外先生の熱意と行動力が満ち溢れていた。

 大会終了後伊藤先生に次詩を呈上、一粲に供した。楽しい大会有難うございました。

   次伊藤竹外先生大会書感韻
先人韻事汎伝承 先人の韻事汎く伝承し
三道一如方喚朋 三道一如方に朋を喚ぶ
賦詠清吟雅懐舞 賦詠清吟雅懐の舞
春風秋月毎追鵬 春風秋月毎に鵬を追わん