(2008年04月01日)

虞美人に死の決心させた

呉偉業「虞兮[ぐけい]
川久保 廣衛

千夫辟易楚重瞳 千夫[せんぷ]も辟易[へきえき]
[そ]の重瞳[ちょうどう]
仁謹居然百戦中 仁謹[じんきん]居然[きょぜん]たり
百戦[ひゃくせん]の中[うち]
博得美人心肯死 [はく]し得[え]たり美人[びじん]
[こころ]に死[し]を肯[かへん]ずるを
項王此處是英雄 項王[こうおう][こ]の処[ところ]
[こ]れ英雄[えいゆう]

 「楚の項羽は千人がかりで立ち向かっても、こちらがしりごみするほどの勇者 / 大小七十あまりの戦いの最中でも、どっしりと落ちついて仁謹の態度を失わなかった / がそれにもまして、虞美人に、甘んじてともに死のうとする決心をつけさせたのは / これこそ項羽が英雄として、大いに男をあげたところである」

 中国名将鑑賞辞典 山田勝美 角川書店(542頁)同書にまた宋 曽鞏[そうきょう]の虞美人草七言古詩がある。