(2008年04月01日)

芭蕉と杜甫と故郷と

杜甫「春望」

菅原 満

 私の好きな漢詩は、杜甫の「春望」である。

国破山河在 国破れて山河在り
城春草木深 城春にして草木深し
感時花濺涙 時に感じては花にも涙を濺ぎ
恨別鳥驚心 別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火連三月 峰火 三月に連なり
家書抵万金 家書 万金に抵たる
白頭掻更短 白頭掻けば更に短く
渾欲不勝簪 渾べて 簪に勝えざらんと欲す

 私の故郷は宮城県であるが、県境の岩手県の高館義経堂に芭蕉の句がある。

     夏草やつわものどもが夢のあと

 また、船を下り徒歩での奥の細道のスタートとなった千住大橋畔にも芭蕉の句碑がある。

     行く春や鳥啼き魚の目に泪

 芭蕉の奥の細道を辿りながら、旅をし、漢詩を作り、俳句を作るのが私の願いである。芭蕉と杜甫と故郷を繋ぐ哀愁のたまらない思いの接点が、この杜甫の「春望」にある。