(2009年11月15日)

二十周年記念号を刊行

群馬県漢詩人協会  青木峰月


「上毛漢詩苑」

本会は、昭和63年に発足し、本年3月会報として上毛漢詩苑創立二十周年記念号を刊行しました。

会員は、五十名の小規模な会ですが、毎年八月に漢詩発表大会を開催し、漢詩集を刊行して関係機関や会員に配付し、漢詩の研修と普及に努めて参りました。

平成21年に開催した発表大会の概要を記述いたします。

5月13日に、会員に対し6月25日締切りで七言絶句の詩稿を募集しました。詩稿は、28点でした。

作品は作者名や住所を伏せて、コピーし、審査員(正副会長五名)に送付し審査をしていただきました。

審査は、良い作品の順に五点一作、三点二作、一点三作を審査票に記入し事務局に出していただきました。

事務局では、審査票を審査集計表に記載して七月十日開催の審査員会議に提出、審査員は集計表による合計の得点と作品を照合して、議論し、天位一点、地位三点、人位六点を決定して、10名の作者を表彰することにいたしました。

本年は、第三十三回県民芸術祭参加 第十三回群馬県漢詩発表大会を8月23日、前橋市第三コミュニティセンターで開催、主催は群馬県漢詩人協会、県民芸術祭運営委員会等です。10名の作者には、この大会の式典において上毛漢詩苑賞の授与を行いました。

本大会で、表彰した作品、応募作品、役員の作品の他会員投稿詩を加えて、上毛漢詩苑第七十五号を刊行しました。

本年度は、12月に詩稿を募集来年3月に上毛漢詩苑第七十六号を発刊する予定です。