(2009年10月17日)

初の全日本漢詩大会に200人

文部科学大臣賞は關谷則さん

10月17日(土)、二松學舎大学九段校舎で、初めての全日本漢詩大会が開催される。主催の全日本漢詩連盟に、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬、茨城の各漢詩連盟が協賛した。

本部理事会に一都六県の連盟の事務局長の協力をあおぎ、幾多の困難をクリアーして、実現にこぎつけたことは、今後、大きな財産になりそうだ。

また、全漢詩連の枠を越えて、一般公募した七言絶句(課題「月」及び自由題)も569首の応募があった。石川岳堂会長以下12名の審査員の厳正な選考の結果、文部科学大臣賞には關谷則さん、全日本漢詩連盟会長賞には中山正道さんが決まった。

7都県連会長賞、若年奨励賞、海外奨励賞などの特別賞、秀作、佳作、入選あわせて80首の詳細については、会報第26号と同時に刊行された「扶桑風韻」特別第7号をご覧下さい。

表彰式は17日午後1時〜5時まで、二松學舎大学地下2階中洲記念講堂で開かれる。特別賞の13首については、各連盟からの代表による吟詠が行われる。中国語による朗誦も予定されており、一段と華やかな表彰式になりそうだ。

表彰式のしめくくりは石川会長の講演「大正天皇の漢詩」。今年は大正天皇誕生130年にあたる年で、歴代の天皇の中で作詩数は圧倒的に多く、1367首で第1位(第2位は江戸初期の後光明天皇の98首)質的にも並々ならぬ力をみせる佳詩が多く、石川会長の講演は聞きのがせないものになりそうだ。

そのあと5時半からの懇親会もいくつかアトラクションもあり、お互いの交流を深める貴重な機会。ふるってご参加願います。