(2009年11月03日)

早川兄弟が最優秀賞をダブル受賞

平成21年度二松学舎大学漢詩コンクール
 (大学生・高校生)

11月3日午前11時から、平成21年度二松学舎大学漢詩コンクールの表彰式が、二松学舎大学九段校舎で行われた。大学生作詩部門、高校生の作詩部門と鑑賞部門の入賞者と家族関係者が集まり、表彰式、ひきつづき懇親会が賑やかに開かれた。

審査委員長の石川忠久・全漢詩連会長が「今や漢詩は日本のもの。日本人は漢詩を千年にわたってよく勉強してつづけてきた。本場の中国はやや本道をはずれかけているかに見えるが、日本人が漢詩を守り、発展させていくのだという強い気持ちをもって勉強し、作りつづけていきたい。自由自在につくることで、昔の人たちともつながることができる。そのためには一にも二にも勉強、自覚をもって、30年、50年計画をたてて進んでいってほしい」と、力強い励ましの挨拶があった。

今年のコンクールのトピックスは、常連である早川太基(二松学舎大学4年)、紘平(暁星国際高3年=作品は「同塵舎詩話N」に)兄弟が最優秀賞をダブル受賞したことだ。

清夜感秋(最優秀賞) 早川太基
百杯傾盡醉魂馨 百杯傾け尽くして酔魂馨[かんば]
樓上親朋眼愈青 楼上の親朋 眼愈[いよ]いよ青し
半夜倚欄長嘯處 半夜欄に倚り 長嘯する処
西風吹動満点星 西風吹き動かす 満点の星

新年書懐
(優秀賞)聖学院大学1年 中嶋彩夏
和氣蓬蓬巡酒巵 和気蓬々[ほうほう]として酒巵[しゅし]を巡る
家中圍卓賀正時 家中卓を囲み 賀正の時
作詩揮筆少年志 詩を作り筆を揮う少年の志
風暖門前翻旭旗 風暖く 門前に旭旗翻[ひるが]える

早川太基君が「4年連続受賞したことは、一生漢詩をやれ、といわれているような気がする。生きること、学ぶこと、作ること三位一体でやります」と、力強く挨拶した。

(優秀賞「客中看月」は窪寺貫道「同塵舎詩話N」を参照)

左から早川太基君、大地武雄教授、
石川忠久会長、早川紘平君