(2010年02月15日)

現実の寂寥感を月に托す

全日本漢詩連盟会長奨励賞  森平利政

   觀月感秋  月[つき]を観[み]て秋[あき]に感[かん]
淡淡銀河木末流 淡々[たんたん]たる銀河[ぎんが]
 木末[ぼくまつ]に流[なが]
新涼一夕月光幽 新涼[しんりょう]の一夕[いっせき]
 月光[げっこう][ゆう]なり
老來舊友年年盡 老来[ろうらい] 旧友[きゅうねん]
 年々[ねんねん][つ]
獨坐風檐轉感秋 [ひと]り風檐[ふうえん]に坐[ざ]
 転[うた]た秋[あき]に感[かん]

「月」という題に対して、まず考えたのは季節であるが、月は秋が似合うと考えた。八十歳を過ぎ日常の生活の中で人生の秋を迎えたと感ずることが多くなったのも、この季節を選ばせた理由のひとつである。

高齢化のため戦中戦後を共に生きてきた友人たちが、年々何人かずつ鬼籍に入って、その数を減らしていくという現実からくる寂寥感を主題である月とからめて表現してみたいと考え詩作を試みた。

詩作にあたって苦心した点は、地方都市の郊外に住んでいても月をしみじみと眺める機会が少ないことや月はあまりにも多くの詩に詠われてしまっているため、かえって扱いにくかったという点である。

漢詩の奥深さに対して極めて未熟な私にとって詩作は苦心ばかりで、今回の詩のどこで苦心したか、具体的に指摘できないが、幸い日頃から親しんでいる宋の詩人陸游の詩の中に私の心情にせまるものがあり参考にさせてもらったことを付記しておく。