(2010年02月15日)

李白「静夜思」にヒント

全日本漢詩連盟会長奨励賞  増岡康毅
    貧居対月  貧居[ひんきょ][つき]に対[たい]
東都城裏客中秋 東都[とうと]城裏[じょうり]
 客中[かくちゅう]の秋[あき]
陋巷索居微禄羞 陋巷[ろうこう]の索居[さくきょ]
 微禄[びろく]を羞[は]
故国不帰知幾歳 故国[ここく][かへ]らざること
 知[し]んぬ幾歳[いくさい]
半窗弧月照低頭 半窓[はんそう]の弧月[こげつ]
 低頭[ていとう]を照[て]らす

与えられたテーマが「月」なので、その字を眺めているうちに、最近テレビや新聞でよく目にしている「非正規社員」「派遣切り」などの言葉を思い、さらに貧窮に喘ぎ、孤独に悩む若者の月に照らされた横顔を連想しました。使い古されているが題を「貧居對月」として、大都会の片隅に生きる青年の孤独を描くことにしました。

起承転の三句は、やや説明的に過ぎるかとも思ったが、あまり苦しまずに成りました。

結句は初め一窗明月照郷愁としていたが、この月は主人公には大きすぎ明るすぎると思い「半窗孤月」に改めました。また、「愁」の字を使いたくなくて他の字を探したが、適当な字が見つからないまま二、三日が空しく経過しました。

暫く作詩から離れ読書をしているうちに、李白の『靜夜思』に改めて感銘を受け、擧頭望山月、低頭思故郷にヒントを得て、下三字を「照低頭」としました。

図らずも賞を頂いて驚くとともに、非常に喜んでいます。石川忠久先生をはじめ、漢詩大会実行委員の諸先生に心より感謝いたします。今後もこの賞を励みとして、さらに精進したいと思っております。