(2010年02月15日)

祖母に聞いた「姨捨伝説」

全日本漢詩連盟会長賞  中山正道

   梯田月  梯田[ていでん]の月[つき]
雨霽皇都仰晩天 [あめ][は]れ 皇都[こうと]
 晩天[ばんてん]を仰[あお]げば
纖纖鉤月泛如船 繊々[せんせん]たる鉤月[こうげつ]
 泛[うか]ぶこと船[ふね]の如[ごと]
遙知故里梯田上 [はる]かに知[し]
 故里[こり] 梯田[ていでん]の上[うえ]
多少小舟搖細漣 多少[たしょう]の小舟[しょうしゅう]
 細漣[さいれん]に揺[ゆら]ぐを

私は子供のころより三日月が好きでした。

今回の漢詩大会の課題が「月」であることを知ったとき、漢詩における「月」といえば満月であることは重々承知していましたが、折角の機会ですので、私は是非三日月についての詩を詠もうと考えました。

三日月を船に例えたことについては、これも子供の頃の思い出に由来します。それは「兼高かおる世界の旅」というテレビの紀行番組の「ベニス編」の中で、兼高さんがベニス名物のゴンドラを「まるで三日月を運河に浮かべたようでございましょ」と言ったのを聞いて以来、「三日月=ゴンドラ=船」という連想がありました。

話は変わりますが、私の母の実家は信州・上田であり、昔、よく祖母や母は信州の民話や伝説などを話してくれました。その中で特に懐かしく思うのは、姨捨山の「姨捨伝説」や、姨捨山の斜面に広がる棚田に映る「田毎の月」の話です。

今回の詩は、三日月がその棚田に映ったらどう見えるだろう、という発想を基に、「田毎の月」という幻想的な光景に三日月を重ね合わせた心象風景を漢詩に詠んだものです。

詩にまつわる種々の思いは、子供のころからずっと心にあったもので、それを漢詩という形に昇華させることができ、さらに、望外のことですが、その詩を評価していただけたことを大変嬉しく思います。この場をお借りして、いままでご指導下さいました皆様に心より感謝申し上げます。