(2008年11月15日)

漢詩の作り方講座を8年

福井県漢詩人協会
福井県漢詩人協会  二見文麿

福井県漢詩人協会では漢詩を作られる人を増やそうと努力しています。

当協会では地元の越風吟社と、湊吟社の協力を得て「一から始める漢詩のつくりかた講座」を八年間続けてまいりました。

2時間の講座を5回で終了です、その後は越風吟社、湊吟社に所属して漢詩の勉強をしながら、作詩に励んでいきます。

先輩たちの指導を受けながら、大体半年から一年くらいで作れるようになりますが、早い人では5回の講座だけで立派な詩を作る方もおられます。

私がここで特に自慢したいのは、五回の講座専用の「講座テキスト」を作ったことです。このテキストは、全日本漢詩連盟の理事もしておられます永井先生のご苦労により出来上がったもので、全46頁に及びますがその内容の濃いことが私の自慢の一つです。

太刀掛呂山先生の「誰にでも出来る漢詩の作り方」、角川書店の「新字源」をベースに大修館発行の「漢詩漢文小百科」、松雲堂の「詩語辞典」「平仄便覧」などの使い方を丁寧に解説しています。

私など二十数年前、呂山先生の「漢詩の作り方」と小さな漢和辞典だけで苦労しながら勉強したことを思うと、このテキストの有難さが分かると云うものです。

勿論本講座の講師は永井先生にお願いしておりますが、今年は先生のご苦労を無駄にしないようにと、数人の有志で補習の意味を込めて実際に漢詩を作るお手伝いをしながら、疑問点の説明をしたりして一日も早く自分の力で漢詩が作れるように、新人の方の作詩のお手伝いを行っております。

この「補習」も予想以上の好評で始める前の計画を大きく上回り、お手伝いをする先輩たちも大忙しといったところです。今から仲間が何人増えるか楽しみです。



永井氏のつくり方講座