(2008年11月15日)

四国漢詩連盟の大会開催

高知県漢詩連盟
事務局長  上本竹永

平成20年6月22日(日)高知県民文化ホール(グリーン)において第7回四国漢詩連盟高知大会が開催されました。四国漢詩連盟の大会は連盟設立以来毎年四国4県持ち回りにて開催しており、本年度の第7回の大会は高知県漢詩連盟が主管となり開催しました。

課題詩は(1)川 (2)自由詩とし、四国4県の漢詩連盟役員会員より出品のあった295首の作品の中より選んだ漢詩をもっての、次の内容を中心にして大会を開催し成功裏のうちに終え、次の開催県の徳島県漢詩連盟に引き継いだ。

1、 優秀作品の表彰@特別表彰7作品・A秀作賞10作品・B入選31作品

2、 特別表彰作品の披露(スクリーン使用)作者・詩文・朗読

3、 特別講演 「漢詩で遊ぼう」 窪寺貫道先生

4、 構成吟剣詩舞「川」

5、 来賓吟剣詩舞

6、 書道吟

また、平成21年4月12日には、高知市文化祭開幕行事「鏡川 時を流れて」第2部に漢詩を提供し、高知県吟剣詩舞道総連盟とともに企画制作に参加することになっている。



第7回四国漢詩連盟の高知大会