(2008年11月15日)

「七言絶句の作り方」を発行

福岡県漢詩連盟  会長  三浦尚司

 本年の新たな活動としましては漢詩愛好者の底辺を拡大するために、一時中断していました初学者を対象とした漢詩講座を4月から朝日カルチャーセンター福岡におきまして開講しています。

 また、初学者のための「七言絶句の作り方」の小冊子も福岡県漢詩連盟として発行することができました。

 本年2月から福岡市内の丸善書店福ビル店やジュンク堂書店に委託販売をお願いしましたところ、かなりの購読者がありまして、福岡には漢詩を作ってみたいと関心を持っている方々が意外に多いことに驚いている次第です。

 そのような皆さん方が、一人でも多く私共と作詩を一緒に学べる環境を整えていくことがいま一番重要だと思っています。

 幸いに、昨年は、北九州市の若松に吉永忠行氏が「若松鳩巣吟社」を設立しましたが、今年は、筑後地区や筑豊地区にも小さいながら吟社の設立をめざして私共も惜しみない支援をしていきたいと考えています。

 また、最近は、漢詩文化に対する高まりによって全国レベルでも漢詩の募集を行う自治体等の催しが増えてきました。

 そのような情報も、皆様にお伝えしながら、投稿意欲の向上につなげていき、ひいては作詩技術のレベルアップを図りたいと思っています。(「福陵風雅」第6号より)